少人数でがっつりマクロダイビング三昧でした。

6月9日

南の風  波高1.5m  水温26度  気温30度  透明度25m  晴れ

Dive1  Wアーチ  Dive2  タートルタウン
Dive3  ゴロタ  Dive3  スネークホール
ボートナイト デンターロック

6月10日

Dive1  デンタ―ロック  Dive2  クロスホール  Dive3  Wアーチ

6月11日

南西の風  波高1.5m  水温27度  気温30度  透明度25m  晴れ

Dive1  L字アーチ  Dive2  Zアーチ  Dive3  白鳥幼稚園

そろそろカーチバイが吹き始めた感じ。梅雨明けもそろそろですね♪

でも、すでに熱帯低気圧の予報が・・・
梅雨が明ければ、台風の心配が出てくる季節ですね。これも夏の定めですね。

この3日間はマクロなゲストさん達と地形派ゲストさんと別れてじっくりのんびり遊んできましたよ!
リクエスト頂いていた生物も最終ダイブでなんとか最後の1種類を紹介出来て、なんとか任務完了出来ましたヽ(^o^)丿

いろいろあった3日間でした。

そんな訳で、見つけた生物の一部を。
最近あちこちで見られる様になったタツウミヤッコの幼魚やタツウミヤッコの幼魚

ヒメヒラタカエルアンコウ。
ヒメヒラタカエルアンコウ

セヴァンスピグミーシーホースとポントヒィーピグミーシーホース。
ポントヒィーピグミーシーホース

セヴァンズピグミーシーホース

ニシキフウライウオも今年はいっぱい見れるのかな??
ニシキフウライウオ

ウツボをクリーンングするベンテンコモンエビ
ドクウツボとベンテンコモンエビ

ゴロタで遊んでいると、可愛いイボツブコブシも。
イボツブコブシ

そして、僕のライトの下で身を隠れるベニハゼ君も。
なんだか寄り添われると、愛着が湧くのですが、すぐ岩陰に戻ってしまいました。。。ちょっと淋しい~
寄り添うベニハゼ

最後は今年は多く見つかっているオリヅルエビ。
一か所に3個体もいてその中の小さな子です。これはこれでキレイな姿でした♪
オリヅルエビ

なんだかんだ盛り沢山の数日間でしたね~

関連記事

  1. ヒレグロコショウダイ

    良い感じ♪

  2. ムラサキゼブラヤドカリ

    水中では暖色が映えると言う事です。

  3. 101回目のダイビング

    101回目の・・・

  4. オオモンカエルアンコウ

    お決まりパターンに?

  5. イシガキカエルウオ

    予想外の時化

  6. ハナオコゼ

    マクロもりもり

Pick Up

  1. カクレクマノミ

    2020.10.17

    どんより曇り空・・・冬が近い

  2. 魔王の宮殿

    2020.10.16

    にぎわってきました!

  3. 900Dive達成

    2020.10.15

    900Dive!

  4. 記念撮影

    2020.10.14

    ワイドじゃなくてワイルドな日

  5. ウミウチワ

    2020.10.13

    ワイドな日!いい天気になったよ

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2019年パラオツアー(ワイドチーム)

  2. 2019年パラオツアー(マクロ・後編)

  3. 2019年パラオツアー(マクロ・前編)

  4. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  5. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  6. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  7. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方