ツインケーブ:下地島

ダイビングポイント名:ツインケーブ

ツインケーブ洞窟内の光

難易度:★★

タイプ:ケーブ

最大深度:18m

流れ:たまに水路部分が流れる

行き易い季節:秋から春(北風の時)

ツインケーブの様子

名前の通り2本ケーブがあるポイント。水深は20m弱で程良い長さの洞窟が2本ある。ゆっくり泳いで周ると、ちょうど30分程度かかります。洞窟内にはカノコイセエビやツバメタナバタウオが生息している。冬にはマンタが通りすがることもありますよ!!2本の洞窟をゴロタの水路が結び、そこにはいろいろな幼魚や擬態系の生物、石の下には甲殻類などが生息しています。洞窟散策と生物探しの両方をしているとあっという間に時間が過ぎてしまうポイントです。少々コースは長くなりますが、とても深い訳ではないので、ゆっくりと楽しめます。
ツインケーブ二股に別れる入り口
洞窟の入り口は2手に別れていたりもします。オーソドックスな洞窟ですが、見方一つで地形の楽しみが増えますよ。

ツインケーブで出会えた生き物たち

ハタンポ・アカマツカサ・カノコイセエビ・ソリハシコモンエビ・ツバメタナバタウオ・ウコンハネ貝・ムチカラマツエビ・ハダカハオコゼ・ニシキフウライウオ・ピグミーシードラゴン・ジャパニーズピグミーシーホース・オランウータンクラブ・白い点々のエビ・アオギハゼ・サンゴヒメエビ・ヒメメンコヒシガニ・アオウミガメ・エンマゴチ・ナンヨウマンタ

関連記事

  1. 沈船内観

    沈船:伊良部島

  2. クリマビーチ:来間島のビーチポイント

  3. サプライズホール

    サプライズホール:伊良部島

  4. 白鳥ホール

    白鳥ホール:伊良部島

  5. ツインホール内

    ツインホール(青の洞窟):伊良部島

  6. オーバーハングの根全景

    オーバーハング:伊良部島

Pick Up

  1. オクノスベスベオトヒメエビ

    2019.01.31

    マクロフォト合宿最終日!

  2. イダテンヒメホンヤドカリ

    2019.01.30

    ヤドカリに火がつく(マクロフォト合宿3日目)

  3. 2019.01.29

    マクロフォト合宿2日目

  4. 2019.01.28

    2019年第一弾マクロフォト合宿

  5. 交接中

    2019.01.27

    風が冷たい!!!

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2018年エミナ飲み会

    マリンダイビングフェアー2018に行ってきましたよ

  2. パラオ視察ツアー報告2018年

  3. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  4. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  5. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  6. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  7. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. 枝サンゴ

    宮古島でサンゴの産卵ダイビング