インギャーマリンガーデン:宮古島南海岸のビーチポイント

ダイビングポイント名:インギャーマリンガーデン

インギャーマリンガーデン陸から

難易度:★

タイプ:ガレ場・サンゴ

最大深度6m

流れ:一部のみやや強まる事がある

行き易い季節:入江となっており通年比較的穏やか

インギャーマリンガーデンの様子

レベル問わず、たくさんの方が楽しめるビーチポイントです。

宮古島の南海岸に位置するビーチポイント

宮古島のビーチはどこも遠浅でこちらのビーチも最大水深は5~6mと浅くなります。

上の写真になられる内湾は風や外洋の波の影響を受けにくく、台風前でも比較的静かな事が多い場所となります。湾内は水深3m前後ですが、多くのサンゴが広がっています。北風が吹いている冬場の時期に良くご案内するビーチとなります。

インギャーマリンガーデン海から

(対岸付近の水面からの景色)

たくさんの生物が住み着いています

デバスズメダイ

着底する場所も気を遣う位に埋め尽くされたサンゴの周辺には、いろいろな生物が住み着いています。特にスズメダイの仲間や、ハマクマノミ、チョウチョウウオが多く賑やかな景観を見せてくれています。

ネッタイスズメダイ

体験ダイビングやライセンス講習・シュノーケルなどにはもってこいなポイントです。もちろんファンダイバーの方も、エアーの消費や窒素の蓄積を気にせずのんびり楽しめる場所となっています。写真を撮られる方は、じっくり時間をかけて撮影したり、カメラの練習も出来ますよ。

広がるサンゴ

注意しなくてはいけない事

広がるサンゴ2

何度もお話ししていますが、たくさんのサンゴが広がっています。

サンゴを掴んだりする事はもちろん、着底した時にフィン先で蹴ってしまう事もあるかも知れません。1年間でたくさんのダイバーやシュノーケラーが楽しむ場所ですので、皆様一人一人が、サンゴを折ってしまわない様に気を付けなくては、近い将来、このビーチのサンゴが激減してしまう事もあるかも知れません。綺麗なサンゴの海をいつまでも見られるように守っていきましょう。

クロソラスズメダイ

上の写真のクロソラスズメダイは、テリトリー意識が強く、近寄る生物にはアタックしてきます。アタックされてもケガをする事は無いでしょうが、ビックリして、その事が原因でトラブルが起こる事があるかも知れません。このクロソラスズメダイは突っついて来る事を覚えていてくれれば、ビックリする事も少なくなりますね。他には、ウニやカサゴの仲間も生息していますので、手を着くときなどは十分に確認する事を忘れないで下さいね。

インギャーマリンガーデンで出会えた生き物たち

デバスズメダイ・ミスジリュウキュウスズメダイ・クロソラスズメダイ・クラカオスズメダイ・アオリイカ・ツバメウオ・ハマクマノミ・チンヨウジウオ・イトヒキアジ幼魚・ハダカハオコゼ・ピグミーシードラゴン・ジャパニーズピグミーシーホース・ヨリメハゼ・ミカゲハゼ・フリソデエビ・キンチャクガニ・ハナイカ・ムカデミノウミウシ・サザナミフグ幼魚・タツノオトシゴなど

関連記事

  1. ツインホール内

    ツインホール(青の洞窟):伊良部島

  2. ミニ通り池浮上時風景

    ミニ通り池:下地島

  3. トリプルスリー3又アーチ内

    トリプルスリー(333):下地島

  4. 緑の光の差し込むマリンレイク

    マリンレイク:下地島

  5. スネークホールの水面に映る光

    スネークホール:伊良部島

  6. 沈船内観

    沈船:伊良部島