アントニオ・ガウディー:下地島

ダイビングポイント名:アントニオ・ガウディー

アントニオ・ガウディーの笑顔に見える穴

難易度:★★★★

タイプ:アーチ・大物

最大深度:36m(エンリッチ28%で行くと最高です)

流れ:強まる事がたまにある

行き易い季節:秋から春(北風の時)

アントニオ・ガウディーの様子

アントニオ・ガウディー
宮古島を代表する3大ポイントの1つ。
建築家のガウディーが作ったかの様に素晴らしい地形が水深30mにある。リクエストされるお客様もやはり多いです。

幾つものアーチが入り乱れる様にドームを作り、見る角度によっていろんな見え方が出来ます。
代表的なのが、一番上の写真の笑うガウディーです。
なかなか深いポイントなので、このポイントでは是非28%のエンリッチ使用がおすすめです。じっくりガウディーとにらめっこしてみて下さい。

下の写真はまるで入り口はこちら⇒と言ってるかの様に見える⇒マーク。
アントニオ・ガウディーにある矢印に見える景色
ハート型の穴があったり、人が笑っている様に見える角度があったり、矢印を見つけたりいろんな見方を楽しめるポイントです。

アントニオ・ガウディー

皆さんもここに来た時は、色んな方向・角度から見渡してもらい、自由な発想で新たな見方を見つけてみて下さい!
アントニオ・ガウディー
それが、このポイントを一番楽しむ方法だと思いますよ(^o^)丿
アントニオ・ガウディー
水深の深い場所をメインに遊びますので、早めに切り上げ、ボートのある浅瀬に戻ってきます。その後は少々長めに浅い場所で遊び、窒素を抜き平均水深を調整する様なダイビングスケジュールとなる事が多いです。エアーの消費が早い場合は、潜水時間自体が短くなる事もあります。

アントニオ・ガウディーで出会えた生き物たち

アカモンガラ・ホウセキキントキ・アジアコショウダイの若魚・マダラエイ・ナンヨウマンタ・スミレナガハナダイ・ロウニンアジ・ナポレオンフィッシュ・ジャパニーズピグミーシーホース・ユカタハタの幼魚・ホシゾラワラエビ・ハナゴンベ・マツカサウオ・モンキキンチャクフグ・アオウミガメ・カシワハナダイ・ツマジロオコゼ・ハダカハオコゼ・ユキンコボウシガニ・イソコンペイトウガニ・ホソカマス・ヒオドシベラの幼魚・モンキキンチャクフグ

関連記事

  1. 白鳥ホール

    白鳥ホール:伊良部島

  2. デンターロック

    デンターロック:伊良部島

  3. ギンガメアジの群れ

    パナタ:下地島

  4. Wアーチ

    Wアーチ:伊良部島

  5. 女王の部屋

    女王の部屋:下地島

  6. スネークホールの水面に映る光

    スネークホール:伊良部島