中の島チャネル:下地島

ダイビングポイント名:中の島チャネル

中の島チャネルの光のカーテン

難易度:★

タイプ:アーチ・クレパス・マクロ

最大深度20m

流れ:ほとんど無い・湾内の為、水面も穏やかな事が多い

行き易い季節:秋から春(北風の時)

中の島チャネルの様子

中の島チャネルの光のカーテン
下地島ではお馴染と言う方も多いかと思うポイント。湾内にあるポイントの為、コンディションが良く、時化た時でも安全に潜れるポイント。その為、ここで潜った事がある方は多いでしょう。

チャネルとは『水路』を意味し、水路の様なクレパスが幾筋も浅瀬から沖に向かって走っている。その中をぐるぐると迷路を進む様に泳ぐので、初めて潜る方はきっと方向感覚が狂い、いつの間にかボートの下に戻ってきてビックリする事でしょう。マクロ生物も多く、地形でもマクロでも楽しめるポイントです。

水深は最大20m前後で流れもほとんど無く、ビギナーさんからベテランさんまでのんびり楽しんで頂けます。
キラキラアーチ
女性後輩が名付けた『キラキラアーチ』もなかなかですよ♪

中の島チャネルのアーチ

このポイントは水中環境もいろいろとあり、幅広い生物層を観察できます。何度潜ってもいろいろな新しい発見がありますよ。フォト派の方も水深も流れも少なく落ち着いて撮影できるポイントになります。

中の島チャネルで出会えた生き物たち

カクレクマノミ・ハマクマノミ・ハナビラクマノミ・オランウータンクラブ・バブルコーラルシュリンプ・ウコンハネ貝・ハナヒゲウツボの幼魚・ピグミーシードラゴン・ジャパニーズピグミーシーホース・フリソデエビ・ガンダムエビ・サンゴヒメエビ・ヤマブキハゼ・ジョーフィッシュ・ヒレフリサンカクハゼ・イソギンチャクモドキカクレエビ・ハナイカ・ミミイカ・カミソリウオ・ハダカハオコゼ・タツノハトコ・シモフリタナバタウオ・オヤビッチャ・ロクセンスズメダイ・オビテンスモドキの幼魚・イロブダイの幼魚・ツユベラの幼魚・クマドリカエルアンコウ・ヒメヒラタカエルアンコウ・アナモリチュウコシオリエビ・カンザシヤドカリの1種

関連記事

  1. サプライズホール

    サプライズホール:伊良部島

  2. クリマビーチ:来間島のビーチポイント

  3. クロスホール内で記念撮影

    クロスホール:伊良部島

  4. ギンガメアジの群れ

    パナタ:下地島

  5. アントニオ・ガウディーの笑顔に見える穴

    アントニオ・ガウディー:下地島

  6. 白鳥幼稚園のハナビラクマノミ

    白鳥幼稚園:伊良部島

Pick Up

  1. オクノスベスベオトヒメエビ

    2019.01.31

    マクロフォト合宿最終日!

  2. イダテンヒメホンヤドカリ

    2019.01.30

    ヤドカリに火がつく(マクロフォト合宿3日目)

  3. 2019.01.29

    マクロフォト合宿2日目

  4. 2019.01.28

    2019年第一弾マクロフォト合宿

  5. 交接中

    2019.01.27

    風が冷たい!!!

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2018年エミナ飲み会

    マリンダイビングフェアー2018に行ってきましたよ

  2. パラオ視察ツアー報告2018年

  3. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  4. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  5. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  6. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  7. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. 枝サンゴ

    宮古島でサンゴの産卵ダイビング