マリンレイク:下地島

ダイビングポイント名:マリンレイク

マリンレイク

難易度:★

タイプ:ホール・浮上

最大深度:16m

流れ:ほとんど無し

行き易い季節:秋~春(北風の時)

マリンレイクの様子

マリンレイク
宮古島有数のレーザービームポイント&池ポイント。2つの池の様な地形からなりたち、朝は陸上に繋がる池から眩しい位に朝日が差し込み、昼にはもう一つの池の様な地形からレーザービームの様な眩しい光の柱が入る。ここは、潜る時間帯によって、楽しみ方が大きく変わる面白いポイントです。

どうしても洞窟内での時間が30分以上になってしまうのでフィッシュウォッチングよりも洞窟オンリーダイブになります。
洞窟内には、ヤドカリの種類が豊富でご希望であればマクロダイビングも楽しいポイントですよ。
日差しのタイミングが良かったら、ずっと眺めていたい位素晴らしい景色が見られますよ。水深は洞窟内で最大14~5mと浅めですから、ゆっくり楽しんで頂けます。また耳抜きの調子が大丈夫であれば、池に浮上もできます。浮上するととても静かさが漂い、別世界の様ですよ♪
マリンレイクで記念撮影
たまに池に迷い込んでくる生物も楽しい出会いの1つです。
アオリイカ幼体

追記2015年5月

先日の大雨のせいかマリンレイクの池側の光がヤバい事に!!
緑の光の差し込むマリンレイク
通り池に匹敵する位の緑っぷり!!こんなに緑に光るマリンレイクは初めてでした♪雨がもたらす、自然の光の変化・・・敵いませんね。

マリンレイクで出会えた生き物たち

アカマツカサ・ハタンポ・白黒のクマノミ・フリソデエビ・ジャパニーズピグミーシーホース・ニシキフウライウオ・ホソフウライウオ・ハナヒゲウツボ幼魚・コブシメ・モンキキンチャクフグ・ソリハシコモンエビ・ベニゴンベ・ウズラカクレモエビ・ミズヒキガニ・タツウミヤッコ・バブルコーラルシュリンプ・オランウータンクラブ・ウミウシ各種・ハダカハオコゼ

関連記事

  1. 一の瀬ドロップ

    一の瀬ドロップ:下地島

  2. クリマビーチ:来間島のビーチポイント

  3. Wアーチ

    Wアーチ:伊良部島

  4. Zアーチ

    Zアーチ:伊良部島

  5. ロックビューティーのガーデンイール

    ロックビューティー:下地島

  6. なるほど・ザ・ケーブ

    なるほど・ザ・ケーブ:下地島

Pick Up

  1. ムカデミノウミウシ

    2021.01.22

    マクロフォト合宿最終日2021.1.22

  2. タツノイトコ

    2021.01.21

    マクロフォト合宿2021.1.21

  3. トゲコマチガニ

    2021.01.20

    マクロフォト合宿2021.1.20

  4. ケラマハナダイ喧嘩

    2021.01.19

    2021年、最初のマクロフォト合宿2021.1.19

  5. サンゴヒメエビ

    2021.01.14

    初潜り♪

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2019年パラオツアー(ワイドチーム)

  2. 2019年パラオツアー(マクロ・後編)

  3. 2019年パラオツアー(マクロ・前編)

  4. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  5. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  6. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  7. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方