トリプルスリー(333):下地島

ダイビングポイント名:トリプルスリー(333)

トリプルスリー3又アーチ内

難易度:★★★★★

タイプ:アーチ・大物

最大深度40m

流れ:強まる事が多くある

行き易い季節:秋から春(北風の時)

トリプルスリー(333)の様子

ウミウチワ

下地島でも一番北に位置するポイント。風波の影響を受け易くなかなか行けないポイント。
海況が良くても、流れが強すぎるとこれまた行けない。ベストコンディションでここに潜れたなら、とってもラッキーだったりして。

三又のアーチが30m付近にどーんと掛り、とってもスケールが大きい。現地ガイドの中でも好きな方が多いポイントです。ホワイトチップシャークやナポレオンといった大物との出会いがあったり、ウメイロモドキやノコギリダイが群れ、アカククリは陰で休み、アカネハナゴイが浅瀬で色鮮やかに大きな群がりを作っています。大型のアオウミガメも良く観察できます。

アオウミガメを撮る
宮古島のポイントの中でも、ここのアカネハナゴイのオレンジ色がとっても綺麗です。
ボートはアカネハナゴイが群れる水深5m前後の所に係留し、沖にある3又アーチを目指します。少々距離がありますので、エアー持ちも重要となります。
ぜひこのポイントへ来た際は、空を飛んでる気分で解放感を味わって下さいね!

トリプルスリー(333)で出会えた生き物たち

アカネハナゴイ・アカククリ・ノコギリダイ・アカヒメジ・グルクン・アオウミガメ・ホワイトチップシャーク・ナポレオンフィッシュ・スカシテンジクダイ・キンメモドキ・ウミウシ各種

関連記事

  1. 中の島チャネルの光のカーテン

    中の島チャネル:下地島

  2. クリマビーチ:来間島のビーチポイント

  3. 津波岩ドロップ

    津波岩ドロップ:下地島

  4. 緑の光の差し込むマリンレイク

    マリンレイク:下地島

  5. クロスホール内で記念撮影

    クロスホール:伊良部島

  6. 一の瀬ホール

    一の瀬ホール:下地島

Pick Up

  1. ムカデミノウミウシ

    2021.01.22

    マクロフォト合宿最終日2021.1.22

  2. タツノイトコ

    2021.01.21

    マクロフォト合宿2021.1.21

  3. トゲコマチガニ

    2021.01.20

    マクロフォト合宿2021.1.20

  4. ケラマハナダイ喧嘩

    2021.01.19

    2021年、最初のマクロフォト合宿2021.1.19

  5. サンゴヒメエビ

    2021.01.14

    初潜り♪

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2019年パラオツアー(ワイドチーム)

  2. 2019年パラオツアー(マクロ・後編)

  3. 2019年パラオツアー(マクロ・前編)

  4. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  5. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  6. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  7. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方