風物詩

北の風   波高2m  水温25度   気温23度  透明度20m  晴れ

Dive1  アントニオガウディー
Dive2  ツインケーブ
Dive3  クリスタルパーク

春の下地の風物詩とは・・・
個人的な思い込みですが、マルミカクレモエビもその一つ。
なぜか冬から春にかけての下地でしか見つけられない。
伊良部にはホスト自体あまり見かけない気もする。
甲殻類はやはり大半が夏にかけ、個体数が増え、見つかりやすくなるんですがね。
だから、きっと居るはずと去年も夏の伊良部や下地で探せど見つからず・・・
でもこの時期ならちょっと探すと見つかるんだな!
まぁ、昨日見つけた子ですが、今日デジイチ持って撮りに行ってきましたよ。
マルミカクレモエビ
撮影しながら、もうひとつ思う事が。
大概、ウミシダが横に付いているんですが、偶然??それともちょっとした関係性があるのかな?
もちろんウミシダが居ない時もありますが、確率的には多い気がする。
で、撮ってても似た様な構図になってしまう・・・センスの無さがバレバレですね。

さらに風物詩を探していたのですが、それは今回見つけれず、今年こそはと今後も機会見つけて探してきますね。
おまけで、やたらこの子が多かった!!!
ワレカラ抱卵
ワレカラと言う虫みたいな生物。
確かに以前から多い時はやたらウジャウジャいる時もあったけど
今日改めて見ると、右の子のお腹が大きいから抱卵??
そう言う季節なのかな?と思います。

最近はダイビング業界でも話題になってる生物でもありますよ。
去年まではこんな生物がまさか話題になるなんて思っても見なかったからビックリです。
見たい方はリクエストして下さいね、まぁ居なさそうだけど(笑)
も1つおまけだけど、クリスタルパークの砂地にやたらゲンノウツバメガイが多かった。
10cm前後もあるウミウシだがらちょっと異様な光景。

関連記事

  1. ウミシダウバウオ

    水温26度超え!!!!

  2. 魔王の宮殿メインの部屋を見上げる

    人気の地形ポイントへ

  3. ハダカハオコゼ(赤)

    のんびりフォトダイビングでした。

  4. 200本達成ダイビング

    地形三昧♪のダイビングでした!

  5. Wアーチ

    ベタ凪真夏の宮古島が続いています♪

  6. 予想以上のフォトダイビングでした

Pick Up

  1. オクノスベスベオトヒメエビ

    2019.01.31

    マクロフォト合宿最終日!

  2. イダテンヒメホンヤドカリ

    2019.01.30

    ヤドカリに火がつく(マクロフォト合宿3日目)

  3. 2019.01.29

    マクロフォト合宿2日目

  4. 2019.01.28

    2019年第一弾マクロフォト合宿

  5. 交接中

    2019.01.27

    風が冷たい!!!

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2018年エミナ飲み会

    マリンダイビングフェアー2018に行ってきましたよ

  2. パラオ視察ツアー報告2018年

  3. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  4. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  5. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  6. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  7. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. 枝サンゴ

    宮古島でサンゴの産卵ダイビング