復活の兆し

北東の風  波高2m  水温22度  気温19度  透明度30m  曇り時々晴れ

Dive1  通り池  Dive2  ミニ通り池  Dive3  ロックビューティー

今年の夏は、高水温が続きサンゴもイソギンチャクも大規模な白化が見られました。

この事は当時のブログでも良く取り上げておりましたが、

最近ではだいぶ復活し元の色を取り戻しているイソギンチャクも増えてきています。

でも中には、まだまだ透き通る位に真っ白なイソギンチャクも残っています。

 

そんなイソギンチャクの中でも、今年1番ダイバーに撮影されたであろうイソギンチャクも

良く見ると、復活の兆しが見えてきています。

白化イソギンチャク(黄色Ver)

綺麗な黄色に染まったイソギンチャク。

茶色っぽい点々が増えて元の色を取り戻してきています。

白化イソギンチャク

真っ白になってたイソギンチャクも先端部分に色が戻ってきている。

徐々に徐々に本来の姿を取り戻していくのですね。

 

イソギンチャクの生命力を強く感じる瞬間でしたヽ(^o^)丿

 

地形の方も、通り池シリーズ♪

今日のゲストさんはミニ通り池の方がお好みだったようで。

ミニ通り池

キレイでしたね~

 

明日はもっと晴れてくれるかな??

関連記事

  1. Zアーチ

    台風来るぞ!

  2. オドリカクレエビ

    東海岸遠征~!

  3. アオウミガメと

    まだまだ居ついてくれてるイルカ登場

  4. R型の中の島ホール

    地形ダイビング+α

  5. ミニ通り池

    夏の下地島♪

  6. みなべフォトセミナー行ってきました♪

Pick Up

  1. 一の瀬ホール

    2020.11.26

    カメ運がいい方々

  2. アントニオ・ガウディー

    2020.11.25

    晴れ晴れ!地形日和♪

  3. 記念撮影

    2020.11.24

    ショップツアーさんです♪

  4. ニシキフウライウオ

    2020.11.23

    荒れてしまいましたが・・・

  5. ライオンロック

    2020.11.22

    今日は晴れたぞ!

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2019年パラオツアー(ワイドチーム)

  2. 2019年パラオツアー(マクロ・後編)

  3. 2019年パラオツアー(マクロ・前編)

  4. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  5. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  6. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  7. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方