台風明けのダイビング

南西の風   波高3mうねり  水温30度  気温32度  透明度10m以下  晴れ

クリマビーチ

台風明け一発目のダイビングはクリマビーチへ。
ボートを出すか迷ったけど、体験ダイビングのゲストさんもいらっしゃったので
台風明けにしては穏やか過ぎる位のクリマビーチへ。

午前中は社員旅行で遊びに来て頂いたゲストさんグループと
体験ダイビング。交替で潜って頂きましたが、意外にもいろんな生物が見れましたね!
でもやっぱりニモが一番人気だったかな??
体験ダイビンググループ
午後からは到着のゲストさんとマンツーマンでまたしてもクリマビーチへファンダイビング。
そう、なんと100本達成ダイブでしたぁ~♪
おめでとうございます!!ボートでご案内したかったけど・・・
でも、じっくり潜ってサービス??記録に挑戦と言う事で、100分ダイビングとなりました(^o^)丿
いやいや、100分と言えば1時間40分でしょ?水温30度だから出来る事ですね。

なので、いろいろ見れましたよ~
ハナミノカサゴyg
とても繊細な体付きのハナミノカサゴの幼魚。ゆるいうねりにヒレをゆ~らゆらです。

インドカエルウオyg
サンゴの隙間を覗くと、インドカエルウオの黄色い幼魚も、きょろきょろしてましたよ。
体が透けてる感が良いんです♪

デバスズメダイ
デバスズメダイも数をどんどん増して、華やかになって来ています。夏は個体数も増えるから一層綺麗に見えますよね。
他にはミジュン(和名ミズン【イワシ系の仲間】)が大きな群れを作っていたり、以前より居るチョウチョウコショウダイの幼魚、ツバメウオの幼魚にオオウミウマ、スズメダイ系、チョウチョウウオ系といっぱい。

でやっとこ出会えたウミウシが、こちらのフリソデミドリガイ。
フリソデミドリガイ
側足の4本が長く伸びていて4本の柱が立ってるように見える子。
でもこの子はその1本が無く3本柱でした。なかなか勝手に興奮してしまったな。でもこんな興奮久しぶりだったなぁ(^^)v

そして、も1つ興奮したのが、カクレクマノミの産卵♪
“たまごが少ないけど有るよぉ~”って紹介してたら産んでる最中でした。
カクレクマノミ産卵
焦って撮ったもんで、雰囲気写真となりましたね。

明日からはボートダイビング。
うねりも落ち着いてくれてるといいですがね~

関連記事

  1. 白化イソギンチャク

    復活の兆し

  2. イシガキカエルウオ幼魚

    大うねりだ!

  3. イシガキカエルウオyg

    忘れてはいけない存在

  4. マドレラ・フェルギノーサ

    マドレラ・フェルギノーサ

  5. 地形と思いきや、やっぱりマクロダイビングで。

  6. 青の洞窟にて

    バースデイ翌日ダイビング♪

Pick Up

  1. カマス

    2020.08.04

    台風も過ぎ去り・・・(^^♪

  2. アドバンス講習

    2020.08.01

    アドバンス講習修了!おめでとう!

  3. 珊瑚の赤ちゃん

    2020.07.31

    アドバンス講習です!

  4. イソコンペイトウガニ

    2020.07.30

    のんびりカメラダイビングだ!

  5. Zアーチ

    2020.07.26

    晴れました♪

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2019年パラオツアー(ワイドチーム)

  2. 2019年パラオツアー(マクロ・後編)

  3. 2019年パラオツアー(マクロ・前編)

  4. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  5. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  6. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  7. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方