クリアーシリコンのマスクを使ってみた

トウアカクマノミ

南の風  波高1.5m   水温25度  気温28度  透明度10m  晴れ

クリマビーチ

久しぶりに妻まゆみとビーチへ遊びに行ってきました。
まゆみのリフレッシュダイブと調査を兼ねて。

トウアカクマノミを見に行くと、イソギンチャクにこの子一匹・・・
イソギンチャク乗っ取りを企ててるであろうクマノミ2匹と必死に格闘してました。

今後が気になりますね。
もし乗っ取られてしまったら・・・トウアカクマノミはどうなっちゃうの?
今後しばらくは宮古島でトウアカが見られなくなっちゃうかも。
でも今まで長い間、ここでしっかり生き抜いてきたトウアカ、守り抜く事を信じて
またいつか様子を見に行ってみよう。

そしてまゆみとのダイビングも、何年振りだろう?
息子を妊娠する前だから、3~4年ぶりかな。
久しぶりに楽しかったよ。
途中、まゆみの使っていたクリアーシリコンのマスクが曇ると言う理由で
水中マスク交換・・・着けた途端、世界が眩しく明るい世界となってしまった。
ファインダーを覗くのも、プレビューを見るのも見にくい。。。
明るすぎて落ち着かない。僕は特に眩しさに弱い所もあって撃沈でしたね。
どんな風に撮れたかもよく解らず帰ってきましたが・・・やはりと言った撮れ具合でしたね。

レンタル用のマスクもブラックシリコンにしたい気分です。
みなさんはクリアーシリコン派?ブラックシリコン派??どちらでしょう。
トウアカクマノミ2

関連記事

  1. なるほど・ザ・ケーブ

    下地が綺麗だった件です。

  2. ピグミーシードラゴン

    8月も終盤!宮古島のダイビングはまだまだ盛り上がっています。…

  3. 200本達成

    記念ダイブだ!

  4. ノコギリハギ幼魚

    初夏の幼魚シーズンにマクロダイビングを楽しめ!

  5. 一の瀬ホール

    カメ運がいい方々

  6. オニカサゴ属の一種の幼魚

    オニカサゴ属の一種の幼魚

Pick Up

  1. ムカデミノウミウシ

    2021.01.22

    マクロフォト合宿最終日2021.1.22

  2. タツノイトコ

    2021.01.21

    マクロフォト合宿2021.1.21

  3. トゲコマチガニ

    2021.01.20

    マクロフォト合宿2021.1.20

  4. ケラマハナダイ喧嘩

    2021.01.19

    2021年、最初のマクロフォト合宿2021.1.19

  5. サンゴヒメエビ

    2021.01.14

    初潜り♪

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2019年パラオツアー(ワイドチーム)

  2. 2019年パラオツアー(マクロ・後編)

  3. 2019年パラオツアー(マクロ・前編)

  4. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  5. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  6. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  7. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方