フィコカリス・シムランス

今日の宮古島はなかなかの暖かさで、少し動くとじんわり汗ばむ陽気でした!

本日のブログは先日のビーチダイビングの続きネタになります。
数年前に初めて見つけて以来、通年ちょこちょこ見られるエビなんですが、
やはり案の定ビーチにも・・・水深3m程度の所でも・・・見られました。
以前からずっと思っていた事、
フィコカリス・シムランスはごくごく普通種だと。
フィコカリス・シムランス
本日は透明?白?な子。このタイプが一番多く見つかります。見つけやすい。
他には真っ赤な子、みどりの子、茶色い子、紫色の子とカラーバリエーションは豊か!
で、人気はやはり赤か紫かな。ぜひコンプリートしたいですなぁ

しかも解りにくいでしょうが、今日の子は抱卵中でしたよ。
肉眼でもちょっとキラキラした感じに見えるので、ファインダーを覗くと確認出来ます。
ただ卵も透明、体も透明だとヒジョーに解りづらいのが難点。

もっと腕をあげてビシッと撮ってあげたいものです。

体長は大きくても5mmあるかないかなんで、お客さんウケは・・・
ですが、個人的にはかなり好きなタイプなんで、ついつい夢中になってしまう子です。
このエビ反り具合やいやらしい目つき、体が軽いせいか
飛び上がるとふわぁ~っとちょっとの流れに乗ってしまう浮遊感
後は、うまく撮ってあげれない悔しさが、この子への執着心になってるんでしょうね・・・

もし興味がある方が居ましたら、リクエストしてみて下さいね~

関連記事

  1. コバンハゼの幼魚

    マクロフォト合宿初夏(2021/7/7)

  2. シロスジヒオドシウミウシ

    時化の中、イルカが出たよ

  3. カサゴの目

    魚オンリーダイビング続く。

  4. ケフサゼブラヤドカリ

    ヤドカリダイビング!?

  5. カザリサンゴヤドカリ

    マクロフォト合宿拡大版2020.3.24

  6. 丸まるイソギンチャクとカクレクマノミ

    50本記念ダイブでした♪

Pick Up

  1. キンギョハナダイ

    2021.07.31

    透明度抜群の沈船へ!!!!

  2. 2021.07.30

    リフレッシュ!

  3. 2021.07.29

    抜群のコンディション

  4. 2021.07.29

    うねうね

  5. 2021.07.27

    台風後ダイビング!

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2019年パラオツアー(ワイドチーム)

  2. 2019年パラオツアー(マクロ・後編)

  3. 2019年パラオツアー(マクロ・前編)

  4. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  5. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  6. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  7. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方