出張!マクロフォト合宿拡大版

以前、開催したマクロフォト合宿拡大版のご報告です!今回は、なんと!

僕の古巣でもある奄美大島にて開催致しました♪利用させて頂いたのは、元同僚のネバーランドさん。
独立したのも同じタイミングで以前に当店にもツアーを組んで遊びに来てくれた所。久しぶりに会うのに以前と変わらなく接する事が出来るなんて嬉しいですね。

僕自体、奄美大島の海で潜るのは10年以上振りだったけどやっぱり生物豊富で魅力的な海でした。意外と水中も陸上も覚えていたのには自分でもビックリでした。1年も住んでいなかったのに覚えているなんて、それほど濃い時間だったのでしょうね。

恒例となっておりますが、和歌山県からは潜水屋DAIKIさんもご一緒してくれて楽しい時間となりました♪

ではここからは皆さんの作品をご紹介させて頂きますね。
今回は、皆さん揃って素晴らしい写真ばかりでしたぁ~(^^)/

お客様写真館

1日目

CWW1日目
イシガキカエルウオ幼魚。これほど小さな子にこれだけ寄れるのはCWWさん位です!素晴らしいアプローチ。CWWさん撮影
URI1日目
カンザシヤドカリのこの背景。素晴らしいアレンジですね!この発見と発想がさすがです。URIさん撮影
HARUKAさん1日目
とっても表情が可愛い仕上がり♪サンゴの上にちょこんと乗ってる感じが良いですね HARUKA撮影
NIJIE1日目
キンセンイシモチの口内保育。よく正面からタマゴを捉えました!NIJIEさん撮影
TAMAMI1日目
セジロクマノミ。よく見ると眉毛がりりしい♪初カメラとは思えない出来栄えです♪TAMAMIさん撮影
KEI1日目
フジナミウミウシの躍動感が出ています。ぐいぐい歩いてきそう。KEIさん撮影
SARU1日目
クマノミ産卵前。産卵床を仲良く整えてて微笑ましい瞬間ですね。SARUさん撮影
RINRIN1日目
ミツボシクロスズメダイ幼魚。いまが旬のこの子たち。かわいい表情で撮ってくれました。RINRINさん撮影
DAIKI1日目
イシガキカエルウオとセジロクマノミの密会ですね。凄い瞬間だ!DAIKIさん撮影

無事1日目が終わり、作品のお披露目。もうちょっといろいろとアドバイスできる写真が出てくるかと思いきや、皆さん良い写真ばかりで拍手しかできなかった。いやいやレベル高すぎです。初カメラのTAMAMIさんまでもがしっかりとした写真を撮ってくるものだから、ビックリでした(;^ω^)

2日目

CWW2日目
アカスジウミタケハゼon水玉サンゴ。まるっと感とちょこんと感で可愛さMAXです。CWWさん撮影
URI2日目
ニシキキュウセン幼魚。ベラの幼魚は得意分野ですね!さすがの出来栄え。URIさん撮影
HARUKA2日目
ヒトスジギンポの後ろ姿。あえて後ろ姿がストーリーを感じます♪HARUKAさん撮影
NIJIE2日目
カクレクマノミ。左奥にも映り込んでて面白い写真です。構図の良い感じ。NIJIEさん撮影
TAMAMI2日目
シャコ貝。これだけでアート♪初カメラでこんな写真撮るなんて有望株です。TAMAMIさん撮影
KEI2日目
ヤシャハゼ。この伸長した背びれの曲線が僕好みです♪KEIさん撮影
SARU2日目
イソギンチャクをこう撮る個性的な感性が良いですよね!SARUさん撮影
RINRIN2日目
クマドリカエルアンコウ幼魚。エスカが超可愛い♪にんまりですね。RINRINさん撮影
DAIKI2日目
キツネベラ幼魚。ど正面。なかなか捕らえられない子なのにしっかりと。DAIKIさん撮影

2日目も無事終了~!1日目のお互いの写真を見たり話したりで得た知識やコツを生かし、さらに仕上がった作品ばかり。今日も毒舌にはなれず、拍手と『すご~い』しか出てきませんでした。だんだんと皆さん、構図やシャッターを切るタイミングの意識が高まっている感じがしますね。すご~い!

3日目

CWW3日目
アカスジウミタケハゼですかね。赤色と青色の色彩がとっても綺麗でマッチしてますね!CWWさん撮影
UMIURI3日目
タテジマヘビギンポの口の中に・・・パラサイトっ♪UMIURIさん撮影
HARUKA3日目
ウツボの表情が可愛らしく撮れてます!サンゴの質感も綺麗♪HARUKAさん撮影
KEI3日目
スカシテンジクダイの幼魚かな。やばい小ささなのにここまでまとめてくるとは!KEIさん撮影
SARU3日目
ウミウシの二次鰓のみクローズアップ。こんな撮り方僕は好きです。SARUさん撮影
NIJIE3日目
色黒のクマノミのタマゴたち。良いタイミングでシャッターを切れましたね。NIJIEさん撮影
RINRIN3日目
モンツキベラ幼魚。ウミシダと比較すると小ささがわかりますね。よく捕らえてます。RINRINさん撮影
TAMAMI3日目
ガラスハゼの幼魚。体のディティールまでも。TAMAMIさん撮影
DAIKI3日目
アマミホシゾラフグ。これぞ、今や奄美を代表する魚ですね。行った甲斐がありました!しかも正面顔を。さすがです。DAIKIさん撮影

3日目には、待望のアマミホシゾラフグへチャレンジ。予想よりかなりの濁りの中、予想よりご機嫌な子に出会えました。ミステリーサークルとホシゾラフグをバッチリみんなで観察できましたね。これで、とりあえず思い残す事はなくなりましたね。その後はやはり皆さん撮影に集中し、今の奄美大島らしい旬な写真を撮って頂けました。

ほんとにこの3日間、構図も被写体も良い写真ばかりを撮られ、僕自身も刺激を頂けました。またいつか揃って奄美大島に戻って来ましょうね!ご参加頂きました皆様、ありがとうございました!

そしてお世話になった奄美大島のショップ:ネバーランドさん、ありがとうございました。
いつもご一緒させてもらってます和歌山のショップ:潜水屋DAIKIさん、ありがとうございました。

今度は和歌山か宮古島で集結しましょう♪

関連記事

  1. アオウミガメと

    良い天気♪

  2. 200本達成

    記念ダイブだ!

  3. 丸まるイソギンチャク

    台風のたまごが孵りました

  4. 7月も絶好調の宮古島です♪

  5. エアーカーテンと遊ぶ

    久しぶりに伊良部島へ

  6. キンギョハナダイ

    透明度抜群の沈船へ!!!!

Pick Up

  1. 2022.08.13

    マクロフォト

  2. 白化さんご

    2022.08.12

    今日も無風・・・溶けてしまう

  3. 2022.08.11

    マクロダイビング

  4. 2022.08.09

    ビーチダイブ

  5. 2022.08.08

    やったね!

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. クマノミのたまご

    奄美大島ツアー2022/初日

  2. 2019年パラオツアー(ワイドチーム)

  3. 2019年パラオツアー(マクロ・後編)

  4. 2019年パラオツアー(マクロ・前編)

  5. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  6. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  7. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  8. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方