水中の歴史を感じる

人の顔の様に見えなくもない

南西の風   波高1.5m   水温27度   気温31度   透明度20m  晴れ

Dive1  ビーマクコモンシコロ  Dive2  フガウサ  Dive3  沈船タグ

今日は久しぶりにヤビジへ遠征~
やはり海の色が違う!たまには良いもんですね♪

トップの写真はDive3の沈船タグでの。
タグボートが沈んでいるポイントですが、中を覗いてっみると、
色んな所が朽ち果てたりして、雰囲気満点♪
そんな所を、カメラ越しに覗いていると・・・ちょっと右側の暗い所が
人の横顔の様に見えたので、撮ってみました。僕の腕ではここまでの表現力しかありませんが、
みなさんも解ってくれますか??

他の窓を覗いてみると、また異空間を覗いている様で、時間の流れを感じます。
窓を覗けば
何年ここに沈んでいて、どんな時間を過ごしてきたのでしょう。
なんだか見入ってしまいます。
もちろん記念撮影もちゃっかりと!
沈船と

海の中での歴史と言いますか、時の経過を想像するとなんだかわくわくしませんか?
大荒れな日もあったり、激流が押し寄せる時もあった。
僕たちみたいにダイバーが遊びに来る日も。
どんな時間を過ごして、こうした雰囲気のある沈船になったのか・・・
ロマンだな♪

もう1つは、大きなコモンシコロサンゴ。
たしかサンゴの中でも一番大きくなる種。
ここまでの大きさに成長するには、途方もない時間が必要だったはず。
立派に大きく育ったサンゴを見るだけで、生命力をひしひしと伝わってきましたよ!
コモンシコロサンゴ
今では、どちらも魚達の大事な住処となって、ここの海の生活が成り立っているのでしょうね!

海の中って、やっぱり凄い事が日々起こってる気がします。

おまけですが、今日のお客様は以前マリンダイビング(雑誌)のきらり光るガイドのコーナーでの
僕の記事を見てご来店頂きました♪
見てくれてる人が居るって嬉しいものです。そしてこうして訪ねてきてくれるんですから、最高♪

関連記事

  1. サンゴヒメエビ2

    まったりと、夏です♪

  2. ヤビジ半水面

    いっぱい潜ったぜ

  3. コシオリエビの1種

    伊良部はまだマシだった

  4. カザリサンゴヤドカリ

    マクロフォト合宿拡大版2020.3.24

  5. クジラ

    くじらが出ました♪

  6. イシガキカエルウオ

    予想外の時化

Pick Up

  1. トゲコマチガニ

    2021.01.20

    マクロフォト合宿2021.1.20

  2. ケラマハナダイ喧嘩

    2021.01.19

    2021年、最初のマクロフォト合宿2021.1.19

  3. サンゴヒメエビ

    2021.01.14

    初潜り♪

  4. 集合写真

    2020.12.29

    2020年潜り納め♪

  5. ウミハリネズミ

    2020.12.28

    今日もマクロ三昧♪

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2019年パラオツアー(ワイドチーム)

  2. 2019年パラオツアー(マクロ・後編)

  3. 2019年パラオツアー(マクロ・前編)

  4. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  5. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  6. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  7. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方