コブシメ

コブシメハッチアウト2

和名:コブシメ
学名:Sepia latimanus
英名:Giant cuttlefish

コウイカ科コウイカ属
全長:600㎜前後
体色:白・黒

コブシメのハッチアウト

宮古島でもこの4月から5月にかけ、コブシメの求愛・産卵・ハッチアウトと言う季節の時期となります。今回はたまごの様子を見に行ってきました。ゴロタの石の下に産み付けられており、そぉ~っとめくってみる。すでにハッチアウトした後のたまごの殻が目に付き、周りで他の魚達もパクパクしてた。そんな中、たまごも薄くなり中が良く見える子を選び、あまり刺激を与えないように、めくった石でそのまま影を作り、ストロボも弱めに焚いていたのですが申し訳ない・・・刺激になってハッチアウトしてしまった。やはり自然のタイミングでハッチアウトするのがベストな訳で、心が痛くなります。でも始まってしまったのでは、もう戻せないので、頑張って写真には納めてきましたよ。
コブシメハッチアウト3
最初の写真から少し頭が出てきました。

コブシメハッチアウト4
体がだいぶ出てきたよ!

コブシメハッチアウト5
もう足の先を残すのみ!!

コブシメハッチアウト1
そしてさらに石の隙間の暗がりへと隠れていきました。この行動が、僕の心をちょっと救ってくれました。そのまま飛び立ってしまったら、やっぱりすぐ食べられちゃうでしょ??こうして隠れてくれたのでちょっとは安心してその場を離れる事ができた。またこの子もいつかこの辺りに産卵しに戻ってくるのかな??
ちなみに、コブシメの赤ちゃんはこのまま深場に向かい成長するようです。

2015年4月18日  追記

今年は本日、初確認しました。浅瀬のファイヤーコーラルの隙間にたくさんのたまご。まだ産みたてなのか、真白で中は透けて見えません。今後が楽しみ♪
コブシメのたまご2015

Pick Up

  1. ニシキフウライウオ

    2022.07.06

    ほんとに幼魚が多い!

  2. 2022.07.04

    またまた新婚さん

  3. コバンハゼの仲間

    2022.07.03

    台風4号だ!!

  4. パンダダルマハゼ

    2022.07.02

    マクロフォト合宿2日目(2022.7.2)

  5. デバスズメダイ

    2022.07.01

    マクロフォト合宿だ!

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. クマノミのたまご

    奄美大島ツアー2022/初日

  2. 2019年パラオツアー(ワイドチーム)

  3. 2019年パラオツアー(マクロ・後編)

  4. 2019年パラオツアー(マクロ・前編)

  5. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  6. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  7. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  8. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方