Macro Diving Planマクロダイビングプラン

マクロダイビング

宮古島の海は地形だけじゃない!
小さな生き物たちが頑張って生きています!

知ってほしい!宮古島に生きる小さな水中生物たちを

宮古島と言ったら、ワイドな地形ポイント・・・って第一印象ですよね!
でもそんな地形豊かな海だからこそ、多種多様な生物のお家もいっぱいなのです。上ばかり見ないで、たまには足元で精一杯生きている彼らに目を向けてみて下さい。

今まで気付けなかった魚達の表情や行動に出会えます!海は魚達の世界です。

もちろん宮古島の海の代名詞・地形を楽しみつつ洞窟内を住処とする生物をじっくり探してみたり、外に出てからは、あまり泳ぎ回らずじわじわ泳ぎながら生物を探す。すると・・・

◎初めて見る生物との出会い!
◎普段よく見る生物の初めてみる行動やかわいらしさに気づく!
◎自分で生物を見つけた時の感動!
◎ウミウシ限定・カエルウオ限定など的を絞ったダイビングを楽しめる!
◎リクエストがあればミリ単位の極小マクロの世界へ!

と、新たな発見や感動がきっとあるはず!あえてこんな大きな海で、小さな生物たちに着目してみて下さい。彼らは純粋に精一杯の力で海で生きているのです。

宮古島でマクロダイビングってどんな所で出来るのか?

地形ダイビングで有名な宮古島の海でマクロダイビングってどんな所でするのかイメージが湧かない方も多くいらっしゃいます。でもマクロダイビングははっきり言ってどこでも楽しめますよ。視点を変えるだけで海の中にはたくさんの種類の生物が生活しています。もちろん洞窟の中にも暗がりを好む生物も住んでいますし、これだけ起伏の激しい水中には大小のクレパスやゴロタがあちらこちらに存在しています。

生物が隠れ住むクレパス

こんなクレパスはたくさん!この中に入り込み、じっくり舐める様に生物探しをしましょう。

生物が隠れ住むゴロタ

ゴロタも生物の宝庫。これだけたくさんの石が積み重なっていると、そこを隠れ家とする生物 主に甲殻類や幼魚たちが多く見つかります。

生物が隠れ住む壁際

海藻や海綿など水中植物がたくさん茂った壁際も生物たちの隠れ家や食べ物となるものが多く、いろんな生物を見つける事が出来ます。

地形ポイントでもこんな所で生物たちにじっくり視点を向けて探して楽しむマクロダイビングは時間を忘れ、エキジットしたくなくなるダイビングになる事間違い無しです。

宮古島で出会える生物をご紹介しています

今後、ホームページ内に生き物紹介写真図鑑ページを作成して紹介しています。よかったらご覧下さい。
普通種からマニアックな生物までご紹介しています。マクロと言っても人それぞれ好きな分野は違います。小さいのが好きだけど、2mm程度の子は無理とか、逆に小さければ小さいほど好きと言う方。ウミウシオンリーや甲殻類オンリー、ハゼ・スズメダイなどお好みの種があったりもするでしょう。出来る限り、細かくお好みをお聞かせいただければ、私の出来る範囲で精一杯ご紹介や捜索をさせて頂きます。季節やタイミングでお望みにお応えできない事もあるでしょうが、そこはご理解・ご了承よろしくお願い致します。宮古島ならではの生物や、他では珍しいと言われている生物が宮古島では普通種だったと言う事も御座います。当日ご一緒されるお客様と出来る限り平等にリクエストにお応えできる様に少人数でのご案内となりますのでわがままに見たい生物をリストアップして下さい。

マクロフォト合宿プラン

どんどんマクロフォトダイバー増えてきています。普段のダイビングでは納得行くまで撮れなかった現状。このプランではマクロな被写体限定で思う存分撮影に没頭して頂けるプランです。移動エリアは狭く設定し、可能であれば被写体も絞って潜ります。できる限り深度も浅く設定して減圧や残圧を気にしなくても良い環境で開催致します。潜水時間は60分を目安に行いますが、状況次第では70分を超える潜水時間になる事も御座います。じっくりいろんな撮影方法を試したい方・自分好みの生物をゆっくり思う存分撮影したい方限定です。撮影に関してのアドバイスもご要望があればさえて頂きます。

・お1人様から参加可能です。
・撮影機材は、デジイチ・コンデジどちらでも大丈夫です。
・最大1チーム4名まで。同プラン申し込みのお客様が5名以上になった場合は、2チームに分けてご案内させて頂きます。
※5名様以上の同グループでのお申込みの場合は、1チームとしてご案内させて頂きます。
・事前に好みの生物の種類または生物名をお教え下さい。撮りたい写真の雰囲気でも結構です。
・ポイントに関しましては、うねりや流れが少ない撮影に適した場所を選択させて頂きます。同じポイントで続けて潜ることも御座いますが相談しながら決定していきます。
・ログ付けに関しては、細かくは行いません。各々撮影する生物が違ったりしますので、気になる生物はその場でご質問下さい。

プラン料金(税込)
1日追加5000円(税込)※別途ファンダイビング料金・レンタル料金がかかります。

Pick Up

  1. Zアーチ

    2020.08.08

    台風来るぞ!

  2. ニシキフウライウオ

    2020.08.07

    嵐の前に静けさだな!

  3. バオバブカイカムリ

    2020.08.05

    昨日のナイトから~

  4. カマス

    2020.08.04

    台風も過ぎ去り・・・(^^♪

  5. アドバンス講習

    2020.08.01

    アドバンス講習修了!おめでとう!

  1. 宮古島ダイビングのビーチとボートの違い

    宮古島のビーチダイビングとボートダイビング比較

  2. 宮古島のダイビング風景を撮るコツ

    宮古島のダイビングシーンを綺麗に撮るコツ

  3. デジタル一眼カメラ

    宮古島でのダイビングに適した撮影機材

  4. 宮古島のダイビングに持っていく器材のおすすめ

    宮古島でのダイビングにおすすめ器材特選

  5. レギュレター

    ダイビング器材セッティング方法

  1. 2019年パラオツアー(ワイドチーム)

  2. 2019年パラオツアー(マクロ・後編)

  3. 2019年パラオツアー(マクロ・前編)

  4. ビーチへ

    宮古島のダイビングとは

  5. 空

    ダイビングする時、船酔いしたら・・・?って不安な方必見!…

  6. 楽しいダイビング

    宮古島でダイビングするベストシーズンは?

  7. 七又アーチ

    冬の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  8. マリンレイク

    秋の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  9. セダカギンポ幼魚

    夏の宮古島でのダイビングの楽しみ方

  10. サンゴホール

    春の宮古島でのダイビングの楽しみ方